建築と街並み、美少女イラストが生み出す地域資産

JUGEMテーマ:今日見たテレビの話
12月2日放送 NHKクローズアップ現代

昨今の不況と高齢化から元気を無くしつつある地方都市の取り組みが紹介されました。

秋田県羽後町で町おこしのひとつとして、文化財や名所を紹介するポスターに美少女イラストを用いたところ、その大きな反響から地域の特産品や生産物のパッケージデザインにも広がりを見せ、また背景となった町の風景にに興味を抱いた多くの若者が訪ねてくるなど、大きな経済効果を生み活気を取り戻す力となっている事が放送されました。

日本の各地方都市はそれぞれに異なる気候・風土、県民性、歴史、文化の影響から成り立ち、そこでしか成立しない価値を持っています。しかし、その地に生まれ育った人々からは子供の頃から見慣れたごく当たり前なものでその魅力に気付くことは簡単そうで意外に難しいことです。

普段は見向きもされない価値にそれとは対極の美少女イラストを組み合わせ互いの価値を再認識させるこの提案は羽後町出身の山内貴範さん(東京都内出版社在籍)の発想。


商工会のポスター

過疎高齢化、経済縮小の暗い雰囲気がつづく地方都市に新たな視点から光が当てるこの試みは同じ秋田の価値に囲まれ育った私にも嬉しいものです。

生まれ郷里の価値に好きなことであるイラストを結びつけ、眠っていた価値を掘り起こし社会資産として地域に貢献を果す、このある種とっぴとも思える発想にそのネットワークを活用し実行性、現実性を与えたのもまた地元の佐々木章さん(現北都銀行男鹿支店長)、地域の再生、活性化はやはり人と人の繋がりが支えるのだと実感します。


背景は羽後町の風景


「地域の建築や文化財は地域社会が共有する財産である」

ちょっと前まで当たり前に地域コミュニティーが共有していたこの概念は次第に薄れつつあります。
公共事業費削減や社会の透明化が進み、新たな建物の建設が少なくなり既存の社会資産も老朽化に伴い姿を消していく現状が見受けられます。設計者の立場からはいわゆる箱物が立たないことは当たり前に困った事実ですが、それよりも社会が共有すべき概念が薄れつつある現状の方が問題であると思います。

羽後町の一連の取り組みからは単なる町おこしの企画提案としてだけではなく、薄れつつあるこの概念への挑戦が感じられます。
加えて美少女イラストが持つ既成概念への挑戦と言う全く異なった2つの意味が結びつくことで羽後町の町おこしは他にない魅力を生み、若者達の共感を得ているのだと思います。

これまで町の名前すら知らなかったであろう若者達が興味と関心を抱いて町を訪れてくれる光景は、地域に暮らす人々にとっても誇りで地域資産を再認識するすばらしい機会だと思います。


「地域再生の力はそこに住まう私達が
        郷里をもっと好きになることで生まれる」


羽後町の町おこしはそれを教えてくれます。

Seeyouかわいい




謹賀新年

謹賀新年!
本年も宜しくお願いします。
 

人体尺度

国や人によって尺度やスケールは全く異なる事実は当たり前の話ですが、建築設計においても寸法や大きさを決める際には、多くの事に配慮が求められます。

身長や体重、体格、年齢により快適に利用できる建物の各部寸法は人それぞれ異なる為、病院や老人福祉施設では車いす使用者や高齢者が利用する部分に細かな配慮が必要だったり、車庫や機械倉庫など人間の尺度に機械の尺度が共存する施設の場合、それぞれを両立する計画が求められたりもします。

私たちの生活で最もなじみ深い寸法尺度と言えば 「畳」、 4畳半、6畳など畳を基準にすることで部屋の大きさが頭に浮かぶ、日本人が発明した尺度の一つ。

そのほか尺、寸、坪なども人体を基準に生まれたヒューマンなスケール。お暇な時にちょっと由来を調べてみるのも面白いかも。



世界のスケール感覚の違いがわかる面白い写真をここで1枚。


平面構成絵画の様なこの光景、

アメリカの農耕作地を飛行機から撮影したもの。

日本では田畑を1反、町歩などと数えますが、こんな丸い畑などアメリカ人はいったいどう数えているのでしょうか?


....にしても大規模農業は耕作地のスケールもまた大きい。

それではまた
Seeyouかわいい

世界遺産マチュピチュ

世界遺産中の世界遺産マチュピチュに豪雨による土砂崩れで観光客が
孤立との報道がされています。

天空都市とも呼ばれるこの秘境に向かう道すがらの渓谷を流れるウルバン
川の穏やかな光景が思い出されます。



普段は世界各国からの旅行者で賑わうふもとのマチュピチュ村では
宿の確保が出来ない人たちが、お気の毒に駅舎で夜を明かしている
そうです。




こんな立派な堰も備えられていたのですが、天災は人知を超える。


あらためて治水や公共事業の有り方を考える時期に来ている
日本にあっても学ぶべき事は多いはず。

建築設計の重要要素の一つは地震、火災などの災害時に財
産、生命を保護すること。ちなみに建築基準法の最大の目的も
同じで、条文の頭、第一条にうたわれています。

建築も普段はデザインや間取り、坪単価に目が行きがちですが
建物の価値は隠れた部分の方が遥かに大きい。


見えない価値を担保する、これもまた設計者の役割。


何かあったときにこそ、建物本来の価値が認識される。
このことは忘れてはいけないのだと肝に銘じて


最後に美しい世界の宝マチュピチュの光景を一枚。


それではまた
Seeyouかわいい







ロゴデザイン

 
今日はブログ管理者の間建築研究所のマークがちょっと刷新したので紹介。



何が変わったか?

ずばり下部のローマ字をオリジナルのフォントに変更です。

職業柄か、どうも何処かの誰かが決めた定型な物には違和感を覚える私。

いわゆる丸ゴシックも親近感を覚えるいい書体ですが、オリジナリティーにかける気がしてこの変更。
ちなみにこのマーク図と像を反転してデザインしたもので白抜き部分が間建築研究所の ”間” の字です。

HPの玄関ページではここのマークを使って錯視残像を体験できます。

http://archilab-ai.com/english.htm

じっとマークを見つめて30秒、視線をそらさずカーソルをマークの上に載せるとあら不思議!
背景の白い部分に色がつきます。

皆さんには何色に見えますか?
実験してみてください。


それではまた
Seeyouかわいい



Touch it 手でみる彫刻展 ― 秋田県立近代美術館

今日は、秋田ふるさと村内の秋田県立近代美術館の紹介。

 


現在開催中の ” Touch it! 手でみる彫刻展 ”というタイトルに惹かれやってきた県立近代美術館の入り口。

洞窟に入っていくようなエントランスの建物。


こちらが開催中の企画展示のポスター。


さっそく中へ

物憂げに座っている少女の彫刻。


寝そべったゴリラ。
まるまる太っています。

作者が何を思ったかよりも、まずは企画の趣旨に従いいろいろ触れてみる。
見た目より硬いもの、冷たいもの、実際触れてみると質感を実感します。


会場には子供たちが遊べる砂場ならぬ木片プール。



音を出して遊ぶ人型楽器。



差し込んで、つないで楽しむオブジェなど、さまざまな触って楽しむ立体物が展示されています。

...がしかし子供隊の姿がありませんでしたのでちょっと寂しげ。

ご興味ある方は秋田県立近代美術館のHPへ
http://www.pref.akita.jp/gakusyu/public_html/

でもふるさと村、人もまばらでちょっと”箱モノ感”が漂っています。

まだ寒さが緩んでいないせいかもしれませんが、ちょっと考えさせられます。

それではまた
Seeyouかわいい



ありえない建築?

一見するとただの邸宅の様ですが...

よく見ると何かおかしい?


お気づきの方、元々知っているよといわれる方も居られるでしょうが種明かし。

屋上の階段を登っている兵士をご覧ください。

グルグルと永遠に登り続けているのです。

この絵画はトロンプ・ルイユで世界的に有名なM.C.エッシャーの作品。
エッシャーの騙し絵は、厳然としてそこにある現実に、本当に目にしているものが真実なのかを問いかけます。

思想や政治状況に強烈なメッセージを投げかけるのもアートですが、緻密な計算を元に錯覚を利用し、人々を驚かせる、これまた一つアートの手法。

こんな建物が実現したらさぞ、街は楽しくなるのではと想像しつつ。


それではまた
Seeyouかわいい

HPマイナーチェンジ!

間ブログ筆者のHPが若干リニューアル!
ブログの更新情報などを載せユーザビリティーがUP。

リンク先がサムネール表示されるなど何気に今っぽく進化中。
お時間ある方はご覧いただければ幸いです。

ホームページへはこちらから


では
Seeyouかわいい

駅前にキ...キリン?

 皆さんにも馴染み深い秋田駅前に巨大生物が登場!



アゴラ広場を長い足で跨ぎ、客待ちのタクシーにいたずら?している巨大キリン。

見慣れた風景に唐突に加えられたキリンが、周囲のたてもの群からスケールアウトして現実と空想の間を行ったりきたり。

実はこれ、湯沢市を拠点に活動をなさっている画家 中野修一さんの作品で第28回上野の森美術館大賞展 賞候補作品。

身近な地域が共有する心象風景がアートに人々の心を捉えます。

でもこの"デカキリン"実際このスケールで立体で姿を現したら、さぞ街は面白くなるだろうと想像しつつ。


ではまた
Seeeyou!


P.S
中野さんは10月に市内で開かれる個展に向け、この巨大キリンを含む「秋田市シリーズ」を精力的に制作中。他に「桜」「カバ」「ゾウ」「空飛ぶ船」などの作品が現存するそうです。

詳しくはこちら、画家 中野修一さんの公式サイト、ブログをご覧ください。

中野 修一 公式ウェブサイト

世界のカケラを眺めながら



  参加中のランキングサイト。
  ↓  間ブログへぽちっと協力お願いします ↓ 
  人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

粋なECO 夏の涼

近年の建築設計で世界的なECOの潮流から求められる、断熱性能や省エネルギー化。
勿論、それらは重要なファクターで設計者は当たり前に自身の計画のなかで配慮や提案を行なっています。しかし、今日は、Q値、熱伝導率、熱損失係数....など小難しい話から少し離れて、暮らしの中で出来る粋なECOの話。

日本人は古くより、様々な方法で豊かな四季を楽しんできました。

暮らしを豊かにしながら、夏の暑さ、冬の厳しさを耐え忍ぶ、繊細で情感溢れる方法が、当たり前に各地域や家庭で見る事が出来ます。

厳しく厚い夏のこの時期、エアコンなんぞ用いずに粋に涼を感じさせてくれるこちら。

見ているだけで涼しげで、気持ちが清清しくなる日本の伝統食文化、上生菓子。

季節をその姿に取り込みライフスタイルを豊かにする粋な職人技。


お抹茶のほろ苦さと爽やかな香り、控えめで繊細な菓子の風味が粋に涼を提供します。

茶会やあらたまった席だけではなく、ちょっとした機会にこの上生菓子は気持ちを豊かにしてくれます。

風鈴、すだれ、打ち水、浴衣。

日本の夏の伝統は、視覚に、聴覚に、そして嗅覚・味覚に繊細に涼を提供します。


それではまた
Seeyouかわいい

ちなみに今日紹介のお菓子は楢山登町(有楽町側)の開運堂さんです。

  当ブログ、ランキングに参加中です。
   ↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お問い合わせ

間 建 築 研 究 所

(あいけんちくけんきゅうしょ)
 一 級 建 築 士 事 務 所


注文住宅/共同住宅/賃貸/別荘/ほかホテル/レストラン/障がい者福祉施設/児童福祉施設/老人福祉施設/高齢者福祉施設/介護老人保健施設/保育所/幼稚園/学校教育施設/病院/医院/クリニック/ショップ/店舗/オフィスなど建物造りのパートナー。

秋田県ほか岩手、青森、宮城、山形等、遠隔地もご相談に応じます。

新築、増改築やリフォーム、インテリアデザインなどの相談は随時無料で受付中です。

 所在地 アクセス案内
 秋田県秋田市千秋矢留町5-1
  メゾンドセドール1002号室
 TEL 018-874-7301
 FAX 018-874-7302


  営業時間 9:00〜18:00
  (休日:土、日、祝)


 □公式ホームページはこちら
  

閲覧中

カテゴリ別

過去記事

recent comment

recent trackback

リンク

あいけんちくけんきゅうしょ

筆者の公式サイト

サイト内検索

その他

mobile

qrcode