秋田にも本格的に冬が近づいてきました。

 
今朝、車を留めふと足元を見ると辺りは一面に霜。

本格的に秋田にも冬将軍が到来しつつありますが、
なんだかちょっと美味そう。

最近スーパーで見かけるプチベールに見えなくもない。
何でも食べ物に見えるのは、健康な証拠?

このプチベール、あの青汁で有名なケールとメキャベツを
交配したもので、フランス語で”小さな緑”と言う意味なのだそうです。
てっきり外来野菜かと思っていましたが日本で作られた野菜とのこと。

ケールのような癖も少なく栄養価の高い野菜ですので一度試してみ
は、炒めたり一度ゆでてサラダにしたりと料理法は工夫次第!


それではまた
Seeyouかわいい

AKITAリースフェスティバル2009

小雪もちらついてきましたが秋田駅周辺のぽぽろーどでは
季節感溢れるこんなものが展示されていました。
待ち行く人も足を止めケータイでパシャリ。

色とりどりのリースが街を楽しげにします。



こちらが今年の市長賞(優勝)作品。

ボリューム感に溢れ存在感があります。

このイベント今年で4回目とのこと、
もはや秋田の冬の風物詩。


それではまた
Seeyouかわいい

dB!

 街で見かけたdB!

工事中の騒音をまさに目に見える形でリアルタイム表示中。

通勤途中、秋田市中通りの森林管理局の工事現場に設置されている
のを見つけ思わずパチリ。

公共工事では近隣への配慮から解体時の第三者機関による騒音測定
なども行われますが、こちらは常に騒音と振動が一目瞭然。

工事する側も、こんな装置が設けられていれば相当に慎重な作業を
してくれるはず。

装置上部の警告灯は設定したdBを超えると点灯する模様。

秋田でも騒音規制法のかかるエリアではこうした配慮が設計段階から
必要です。

それではまた
Seeyouかわいい


秋田の街の魅力

街の魅力は何も都市や建物だけではありません。

こちらは秋田駅前の居酒屋さん専属なまはげ!




金、銀そろって
わりこはいねが〜!
と真冬の秋田の夜に賑わいを提供しています。

街が人を惹きつける要素はこの様な、ちょっとした
人々のエネルギーが数多く集まることだと思います。

もし各商店から一名づつなまはげを提供できれば
街中なまはげだらけの、

なまはげ祭りができるのでは?

と想像してみたりもします。


それではまた
Seeyoかわいい

仏様進入禁止

こちらは秋田市にある天徳寺の風景。
 

何気なく信号で車を停めたところこの光景が。

赤信号に、進入禁止の表示板。

仏の寛容な慈悲の心とは相反してかたくなに訪れるものを拒むかの光
景にちょっと苦笑するのは
私だけでしょうか?

Seeyouかわいい

秋田建築卒業設計コンクール2010

先週末、秋田駅東口アルヴェにて開催展示中の秋田建築卒業設計コンクール2010を見学してきました。



秋田の未来を創造する、建築を学ぶ学生たちの集大成である作品が街ゆく人々の関心を集めています。


いずれも力作!

柔軟な発想とエネルギーが感じられます。






計画の中で多かったのが、水と大地を空間に取り込んだ建物。



半地下空間や大地と一体化した空間、水などををコンテクストに取り込んだ計画が多数みられるのは、建築学生たちの現代都市に対する疑問符の現れなのかもしれません。

ではまた
Seeyouかわいい



建物の公共性と社会貢献

今日は道すがら、泉で見かけた新田医院の建物の紹介。
たてものが地域に貢献している姿の紹介。

この建物の何が社会貢献かと言うと .....写真の左側部分に注目!


建物の一部がバスの待合スペースとして提供され、バスを待つ間の日差しや雨風から人々を守ります。


そもそも所有者の私的な財産ではある建物。しかし、その外観や色彩は、ある種のメッセージ性を持ち、街並みとして地域が共有する財産でもあります。

例えば、歴史的趣きを色濃く残し人々を惹きつける角館の街並みも家主や所有者、地域全体が意識を共有した結果生み出された財産で観光産業に大きな貢献を果たしています。

ところでこのバス停、個人の敷地内に建てられていることから察するにオーナーの善意から提供されたものと思いますが、建物から家主の見識と地域に対する配慮が見て取れ、人柄までも表しているかのようです。

近年長引く経済の低迷から、コスト一辺倒で建てられた建物が増え、街から優しさや、配慮が失われつつあります。建物や住まいの公共性や地域に対する姿勢を検討していく事の重要性を再認識させられます。

『名が体を現すように、建物も家主の人柄を雄弁に語ります。』

お天とさんはみています。


それでは
Seeyouかわいい

   間ブログが参加するランキング。
   ↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


塩乃湯 新国道沿いの昭和

派手さはないがどこか懐かしく、いとおしい昭和の面影が漂う建物。



昭和始めの土崎湊町の風景を、見る人に想像させる数少ない建物。日本各地から集まる、海の男や船乗りもこの銭湯・塩乃湯で船旅の疲れを癒したのでしょう。

銭湯の為、男女を隔てる必要から左右対称の均整のとれた外観ファサードには左官職人によるモルタルの鏝装飾が見られます。


建設に関わった人々の、気概や思いの伝るその魅力的な佇まいは、町に当たり前に溶け込み、長い年月を経て地域の魅力的なランドマークとなっています。

時代の変化から需要も無くなり、入り口は塞がれ営業はされていませんが、地域が共有する歴史の象徴として活用される事が望まれます。

建物自体は商用ですのでファサード部分のみに趣向を凝らした、いわゆる看板建築です。
しかし、昨今の経済一辺倒で計画された昨今の箱建物からは明らかに一線をかくしたこの建物。

家主の粋と港町商人の気質が感じられ、古きよき昭和の香りが濃厚に漂います。


それではまた
Seeyouかわいい

    参加中のランキング。
  ↓  間ブログへぽちっと協力お願いします ↓ 
  人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


昭和の楢山

土崎の塩乃湯に続き、今回は秋田市の楢山にひっそり佇む元理髪店。
こちらも左右対称で均整の取れた看板建築。
 
塩乃湯と同様にモルタルの鏝装飾が施され、こじんまりしたスケールとあいまって、どこと無く愛着がわきます。

こちらも現在は閉鎖され利用はされていません....時代の流れとは言え街が力を失っていく近年の市内の光景は、この街で育った者にとってあまり心地良くはありません。

何か継続的に魅力的な街並みを活用する方法は無いものかと考えさせられます。

ではまた
Seeyouかわいい

   参加中のランキング。
  ↓  間ブログへぽちっと協力お願いします ↓ 
  人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

パンとサーカス。

ローマでもそうでしたが、街が繁栄し人々が集まりだすと必要なのが娯楽。
ここ小坂で鉱山労働者の為のサーカスと言えばこちら。

秋田県民ならよくご存知、日本最古の芝居小屋康楽館。

きつい労働の余暇に、その名の通り康楽を提供するこの施設、ローマで例えるなら闘技場。

コロッセオ同様、舞台の底から役者をせり上げる切穴(スッポン)や回り舞台が人々を驚かせます。



こちらがスッポンの装置、滑車の原理を利用して人力で役者を花道へとせり上げます。



暗闇からいきなり目の前に役者さんが登場...と、わかっていてもやっぱり驚かせられます。



芝居小屋の客席空間の写真。



ここからはディテール。

天井照明装飾、電球のラインが明治を感じさせます。


小庇の部分の木製装飾。



建物正面の妻部分の装飾と棟飾り。

以前紹介した、小坂鉱山事務所と同じく西洋風なこの建物。
しかし建設に携わった職人達は紛れもない日本人、上の写真も棟飾りが金のシャチホコで妻飾りがお寺さんの下魚だと思えばやっぱりこちらもれっきとした日本建築。

こんな建物を目にするたび、何でも受容する日本人の柔軟さと、何よりその手先の器用さに本当に感心させられます。

近年の合理主義や経済優先傾向から目にする機会も少なくなった職人のこのような手仕事も、ここ、後楽館では観光と芝居が結びつき今も現役で生きた姿で見る事が可能です。

建築が本来の目的で日々利用される続ける姿が、何故か幸せそうに見える今日この頃です。


それではまた
Seeyouかわいい

   参加中のランキング。
  ↓  間ブログへぽちっと協力お願いします ↓ 
  人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お問い合わせ

間 建 築 研 究 所

(あいけんちくけんきゅうしょ)
 一 級 建 築 士 事 務 所


注文住宅/共同住宅/賃貸/別荘/ほかホテル/レストラン/障がい者福祉施設/児童福祉施設/老人福祉施設/高齢者福祉施設/介護老人保健施設/保育所/幼稚園/学校教育施設/病院/医院/クリニック/ショップ/店舗/オフィスなど建物造りのパートナー。

秋田県ほか岩手、青森、宮城、山形等、遠隔地もご相談に応じます。

新築、増改築やリフォーム、インテリアデザインなどの相談は随時無料で受付中です。

 所在地 アクセス案内
 秋田県秋田市千秋矢留町5-1
  メゾンドセドール1002号室
 TEL 018-874-7301
 FAX 018-874-7302


  営業時間 9:00〜18:00
  (休日:土、日、祝)


 □公式ホームページはこちら
  

閲覧中

カテゴリ別

過去記事

recent comment

recent trackback

リンク

あいけんちくけんきゅうしょ

筆者の公式サイト

サイト内検索

その他

mobile

qrcode