1000返り

忙しさにかまけての久々のブログ更新。

天高く馬肥ゆる秋。

清清しい秋の空にすっくと立ち上がる重機は建築物を支える杭を施工する為の杭打機。

設計段階にブログで紹介した保育園(由利本荘市の中央保育園)がいよいよ着工。

筆者の事務所は協力事務所として、基本設計から実施設計、そして工事監理を一貫して担当しています。

試験杭施工にあたり監理者として立会い、施工状況を確認。


まずはモノ!

材料検収、設計図に指示した製品に間違いが無いか、本数、長さ、製品欠陥の有無を確認します。


今回は杭の継ぎ手が機械式の為、そのジョイントも確認。

ところで管理ではなく”監理”を別に立てることは、第三者確認という意味からも重要な事。
監理は専門的立場で設計図に記された性能・機能を最大限に引き出すための重要な業務。
まして、自身が設計した建物の監理は熱のいれようが違います。

設計者が自身で監理する、細部まで建物を理解し、愛着を持って仕事に従事する、建物にとって望ましい事。

と前置きはさておき、

まずはレベルの確認。


杭の施工で最も重要な管理事項の一つがレベル(高さ)。
建物を支持する陰の力持ち、杭の高さは上部構造体のFL、高さを決める為、やり直しは利きません。
測量機器を慎重にセットし、基準と成る高さをマークします。

簡単には動かない場所、今回は敷地側面のコンクリート擁壁にGL高さを設定。

そこを基準に、試験杭の側にもGL+1000の位置を出します。←グランドラインからプラス1000mmという意味。

監理ではこれらに作業ミスがないか第三者確認を行ないます。

ところで、建築現場では+1000という基準線が多用されますが何故なのか皆さんはご存知でしょうか。

これから設計図に従い建築作るために現場で線を引くことを墨出しといいます。
材料や、壁、床、天井に下図を書きこむ作業です。皆さんも一度は目にした事のある大工さんの墨坪はそのための道具。一度引いてから消せる、チョークの粉を利用したものも活用されています。
これらを用いて行なう墨出しで+1000が用いられる理由はいたって簡単。

チョッと想像してみてください。

これから一枚の壁を施工する際、壁の真下に線を引き立ち上げた場合、その線は壁の真下に隠れてしまいます。
他の機器や照明などを設置したい場合また新たに墨を出さ無くてはなりません。
また建築工事では様々な業種、職人が力をあわせて行ないますが、そのそれぞれが自由な場所を基準に寸法を決めては施工誤差が大きくなるのは必然。

皆が基準とする共通の基準線を、施工に従い隠れてしまわない場所に設ける、それが+1000の意味なのです。

ちなみに現場では ”1000返り” と呼ばれます。
つまりは通り芯から1000mm返ってきた線という意味。

コンベックス(建築用メジャー)で寸法を測る際などは初めから、目盛り1000mmをこの基準線にあて1000切り!と一声上げれば、目盛りを読み取る側が頭の中で+1000だから1000引いて....という計算をせず、一発で読み取り数値が測定寸法という事になります。

施工スピードと精度を確保するため計算ミスの少ない1000という数字を用いた現場の知恵です。

現場マメ知識はここまでにして本題、
試験杭の施工状況はまたのちほど

Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ



杭!

先日のブログの続き。

杭施工位置(杭芯)を確認したら、いよいよ試験杭の施工。

アースオーガーを回転させながら地面を掘削し、杭を落とし込む孔を開けます。

アースオーガーとは上の写真に写っている螺旋状のドリル。
低騒音・低振動で施工が可能な事から、いまや建築現場の必須アイテム。
長期にわたる建築工事ではこのような近隣配慮はとても重要。

アースオーガーには低騒音・低振動のほかにもメリットが、

作業員さんがオーガーに付着する掘削したての土をこそぎ落としています。

これを監理者が指示した深さごとに並べると....

そう、各層ごとに土の現物サンプルが採取できるのです。

設計の際参考にしていたボーリングデータと違いが無いか、万が一あった場合は、杭長の変更、時に工法の変更も必要な場合があります。

監理者立会う第三者確認は、このような完成してしまうと見えなくなってしまう部分では特に重要。
設計性能がしっかりと確保できる事を担保することが監理の主業務。

今回の現場では、幸い問題は発生せずまずは一安心。

続いて施工の為の下準備の風景。

ここ中央保育園建築工事で採用した杭は上杭と下杭2本接続される節付摩擦杭で、継ぎ手部分は機械式ジョイント。
接続に使用するリングに予め防錆剤を塗布しておきます。


こちらはバッチャーープラント。

先ほど穿孔した孔に杭を建ていれていくのですが、ただ孔に杭を落とし込んだだけでは
箸箱の中のはしのようなもの、地盤と一体化させ支持力を発揮させる為には杭周固定液を杭と孔の隙間に充填する必要があります。
その固定液を調合作成するのがバッチャープラントと呼ばれるこの機械。
ちっちゃなコンクリート工場のようなもの。


比重計を用いて配合を確認したら、杭周固定液を送りいよいよ最初の杭。


位置と垂直を確認しながら杭を建込みます。


下杭の次は上杭、
先ほど防錆剤を塗布したジョイントに用いるリングをセットし。

規定の油圧ジャッキで締め付けます。



ジャッキの圧力とはめ込み代を確認し適正にジョイントされた事を確認します。

ジョイントが終わったら後は継いだ上杭を所定の深度まで埋設。

杭が所定の深度に達した事を確認し試験杭の施工は無事完了。


ところで、

監理とは現場に顔を出すだけ...と誤解されがちですのでチョッと説明。

建築工事では段階ごとに様々な業者が作業を行ないます。監理者は予めどの材料・製品で、いつ、誰が何を行なうのかを予め施工計画書や施工図、要領書などを提出させ確認します。

設計図書より性能が劣るものが無いか、設計意図から外れていないかなど、予め現場とやり取りしながら施工に取り掛かる前に問題を解決する努力を見えない所、つまりは自身の事務所内で行なっています。

現場に顔を出しているときは、指示した内容やチェック項目が適正に施工に反映されているかを最後に目で確認している晴れやか時なのです。

見えない部分ですので工事の手抜き同様、監理の手抜きはこの部分で行われることを覚えておくと良いかもしれません。

自身建築中の方は、設計事務所が行なった施工図のチェックバックをこっそり現場に見せてもらうのも、それを見抜く一つの方法。

まともに監理していれば赤書きの修正指示やら、スケッチやらで図面は相当汚れているはず。
まッさらにサインのみの場合、

正に、ただ場に顔を出しているだけの人...ってことかな。


それではまた
Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

鉄骨原寸

建築は何も現場が全てではありません

今日は、秋田市向浜にある鉄骨工場 「まるよし工業」 を紹介。



街で見かける鉄骨建物の骨組みはこんなところで造られます。


この日は、現在建築工事進行中の中央保育園(由利本荘市)の鉄骨原寸検査。

設計図に記されたとおり鉄骨の製作が行なわれるかを監理者(建築主任技術者)として確認します。

ウェブ、スチフナー、ガゼット、開先、などなど専門的な話はここでは抜きに鉄骨製作の風景をまずは紹介。


こちらは鉄骨の側面に一定間隔に穴を開けている穿孔作業の様子。

写真に写っている部材は、近年ニュースで皆さんも耳にしている耐震補強に用いられるもの。
既存の建物の柱内に建て、鉄筋を配して新たな耐力壁を築造します。ちなみにこの穿孔作業であけられた穴には鉄筋が通ります。


こちらは・・・

ロボットのアームが鉄骨になにやら針のような物をチョンチョンあてています。
実はこのチョンチョン、部材の大きさや形状、角度をコンピュータに取り込むための計測作業。
これが終わると熟練溶接工並みに、流れるような動きで全自動溶接を行ないます。

その様子がこちら


青いなまめかしい光とスムーズな動きに思わず見とれてしまいます。

代表の工藤さんの話では、機械の作業スピードは熟練した溶接工と大差はないそうです。
しかし、人間とは違い、暑さや、寒さ、疲労などの要因による作業スピードのばらつきが出ない為、生産の工程が読みやすく、この機械が工程の間にあると次工程の人による作業も機械に急き立てられ全体の作業効率もUPするそうです。なんだか機械につかわれているようですねとしばし談笑。

月30t程の生産を行なっているここ、まるよし工業ですが、溶接工の数は思ったより少なく少数精鋭。



機械化、オートメーションの波は建築産業にも浸透しています。

こちらの部材も


このロボットにより自動溶接され出来上がります。



ちなみに生産された鉄骨部材たちの雄姿がこちら








最後に、中央保育園用のベースプレートも今か今かと出番待ち。


それではまた
Seeyou!かわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


JUGEMテーマ:建築/旅
 

配金検査?改め配筋検査

建築屋さんなら当然ご存知配筋検査。

言葉を音でだけ聞くと....ハイキン?背筋??

と思われそうなこの配筋検査は重要な監理業務のひとつ。
建物が竣工するとコンクリートの中に埋まって見えなくなってしまう部分に鉄筋がきちんと設計図通りに配されているかを確認します。

この日は中央保育園の基礎構造体の検査の日。



数年前に問題となった耐震問題で一般の方にも鉄筋の重要性がだいぶ浸透しましたが、コンクリート構造体にとって欠かすことの出来ないこの部材。絶対にミスやごまかしは見逃してはなりません。



RC構造はコンクリートと鉄筋がお互いの長所を生かして成り立つ構造体です。コンクリートの圧縮強度・鉄筋の引張り強度が組み合わされ力を発揮します。

ちなみRC構造の歴史はさほど長くはなく、近代に二つの材料が出会い急速に発展しました。

この2つの部材の出会いには、ある偶然な一致があったことから

 「奇跡の相性」 とか 「奇跡の出会い」 

などど呼ばれます。

何が奇跡かご存知の方はかなりの建築通!


それではまた。

Seeyou!かわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


根切り

すがすがしい秋晴れのこの日、
総合定例会議の出席に訪れた中央保育園建築工事の現場は 「根切り」 の真っ最中。



根切りとは建設重機などを用いて所定の深さ、幅で土を掘削する作業で基礎築造の前段階作業。
この後、捨てコンを打ち、墨を出して鉄筋を組み、型枠を建込みます。

(先日ブログで紹介した配筋検査はそれらが設計図書通りに問題なく行なわれた事を確認する監理業務。ブログの紹介する順番が前後しています。ご留意ください。)

中央保育園の建物は鉄骨2Fの一部RC平屋建てですので基礎はそれ程大きくありません。
それでも掘削土は下の写真の通り山積み。



今回は基礎築造後に埋め戻し土として再利用を行なう計画。

ちなみに、前に紹介した杭施工時の残土は産業廃棄物となる為、現場で改良を行ないます。
コンプライアンスが重要なこの時代、しっかり法令を遵守して工事を行なう事はもはや必須条件。

完成してしまえば見えなくなる部分や下準備の作業ですが、見えない作業ほど製品の価値に大きく影響することは専門家しかわからないこと。

監理は重要!


ではまた
seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

たかが土、されど土

中央保育園は鉄骨造ですが一部がRC壁式構造。


今日はその基礎配筋検査の日。
あわせて先日打ち終わった鉄骨増の基礎部分のコンクリートの状況を目視確認。


型枠がばらされた、出来立てほやほやの地中梁の姿がこちら。
ジャンカなども無く奇麗に打ち上がっています。




地面下で建物を支える重要構造体はこうして埋め戻され、その雄姿を地中深くに沈めます。
埋め戻しに用いる土は先日紹介した根切りの際に山積だったあの土。
根切土が良質でない場合は別途購入して埋め戻す場合もあります。

ちなみに設備配管部など天圧(土を締め固める作業)に支障ある部分は良質な山砂を埋め戻します。
土への配慮が行き届かない、あるいは手抜くと将来、土間が下がったりなど問題が往々にして発生します。

『 たかが土、されど土です 』

最後に杭施工で発生した残土(産業廃棄物)の改良の様子を紹介しつつ。




ではまた
Seeyou!かわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

鉄骨製品検査

この日は鉄骨製品検査の日。 

まずは先日に紹介した鉄骨加工の様子の続き。

下の写真は中央保育園の鉄骨部材(柱)の加工状況。


建物中央部分の吹抜けを構成する四隅の丸柱は自動溶接ロボットの仕事。

丸柱などのアール部分の溶接は、スピード、出来栄えとも熟練溶接工も顔負け。



自動溶接ロボットや熟練溶接工が加工した部材の各部寸法や出来栄え、溶接状況などを確認していくのが鉄骨製品検査。

出来栄えは外観検査にて、材料の確認はミルシートで、また長さや成など寸法の確認は実測して行ないます。
他に鉄骨加工で重要な要素である溶接部分は超音波探傷試験で確認を行ないます。


溶接不良がない事を実際に確認する試験の様子がこちら。


溶接部分に沿って鉄骨表面に超音波を発する探触子をあて、エコー(戻り)を受信します。
不良箇所が存在する場合はエコーが高くなります。
位置はそのエコーが受信されるまでの時間から推定します。


こちらの計器のX方向が時間、Y方向がエコーの高さ。

鉄骨の溶接部は構造体としての設計性能に最も大きく影響する部分。
監理者による抜き取り検査に加え、第三者による全数検査も行ないます。
監理者は検査結果報告書・自社検査の報告書を確認し設計図書性能が確実に確保できる事を担保します。


突然ですが最後に問題。

超音波探傷試験には探触子から垂直に超音波を発する垂直探傷法、斜めに発する斜角探傷法の二通りがありますが鉄骨の溶接試験では ”斜角探傷” が用いられます。
さてその理由は何?

ご存知の方は相当な建築通というかもはやプロ!


それではまた
Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト



コンクリート打設

鉄筋も組み立て終わり、型枠の建て込みが終わればいよいよコンクリートの打設。

今日はコンクリートの受入検査の日。

まずは検査の為の三種の神器の紹介。

搬入されたコンクリートの性質を把握する為の各種道具・機器が並びます。

こちらはコンクリートの軟らかさを判断するスランプ試験に用いる道具、スランプコーン。

この中にコンクリートを3層に分けてつめ、真上に抜いた後の下がりからコンクリートのスランプ値を確認します。

こちらがその下がりを確認する測定道具。

身体検査の、身長測定計りと全く同じ仕組み。



こうして設計図書のスランプ値と見比べ、管理許容値内にあることを確認。
また、温度計でコンクリートの温度も確認します。

ちなみに、水分が抜け乾燥硬化する粘土などの材料とは異なり、コンクリートは水とセメントが結びつき不溶性の水和物を形成していく ”水和反応” により硬化を進めます。
この反応には水和熱が伴い、硬化が進めば当然コンクリートの温度も上昇します。
温度ひび割れなどコンクリートの品質に悪影響を及ぼす場合もありますので注意が必要です。


続いてこちらはコンクリート内の空気量を測定する計測器。

軽量コン、AEコンなどコンクリート種類によって計画する空気量も異なります。種類ごとに定められた適正値に対しての管理許容値内であることを確認する作業をここで行ないます。

コンクリートの供試体を採取している様子。

搬入されたコンクリートを供試体型枠につめ破壊検査用サンプルを作成します。
後ほど圧縮強度試験を行い強度発現が適正な事を確認します。

他に塩分量試験なども行い無事生コンの品質が確認されたら
いよいよコンクリートの打設!


報告はまた後ほど。

Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

CON打設

忙しさにかまけて久々のブログ書き、11月22日の続き。

受入検査後はいよいよコンクリートの打設。
ところでコンクリートはこんな車に積載され現場に届きます。

みなさんも街で時々目にする生コン車(ミキサー車)。太鼓型ドラムを常に回転させることで、材料の分離やスランプ性能低下などを極力おさえ、品質を保ちつつ現場へ搬入する為の専用車両。



練り混ぜ開始から荷卸までの時間、打ち継ぎ時間などコンクリート打設は時間との勝負。
納入書に記された時間や配合などの情報も随時確認。


生コン車は現場までの搬送で活躍しますが、現場内ではこちらの車両が力を発揮。

生コンを打設箇所まで送るポンプ車。
丸輪に星が輝やく...高級車メーカーベンツさん。
意外に救急車など働く車も得意。


搭載するブームを伸ばし打設箇所まで生コンを送るホースを届けます。



生コン車から、ポンプ車に生コンクリートを投入し、
ポンプで圧送することで打設箇所へと送り出します。




圧送された生コンがホースの先端から流れ出すといよいよ現場も賑やかに。

ホースを操る者、棒方振動機で締め固めを行なう者、ポンプ車を操作する者などなど各工種の職人達の阿吽の呼吸でコンクリートの打設は進行します。

コンクリートの打設は時間との勝負、型枠が破れた、鉄筋が乱れた、設備埋設物がずれたなど即座に対応できるよう各職が参加します。



ちなみに中央保育園建築工事の現場はもう建方も終わり外壁を貼り始める段階。
ブログ紹介も早く追いつかねば!

ではまた
Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

ハレの日

度々ブログで紹介してきた中央保育園建築工事の現場。

今日は建方検査で現場へやってきました。

これまでは建物を支える地盤や基礎構造体のお話でしたが、ようやくこの日、建方を終えいよいよ上物が姿を現しました。

施工は鹿島建設さん。この新たな園舎でこども達が楽しく安全な、そして充実した暮らしを実現すべく鈴木所長を先頭に真摯に施工を行なっています。


園庭となる南側から建方を終えた鉄骨棟の全景がこちら。

この後さらに円筒型RC構造の乳児室が手前に姿を現します。

まずはいくつか鉄骨造の見せ場を紹介。


建物から斜めに飛び出す大庇。

先端部は構造材を表し、保育所らしい楽しげなデザインとする予定。


同じくエントランス部分の庇は建物全体に正方形の平板が突き刺さっているイメージ。

こちらは建物中央、遊戯室上部の吹き抜け。

吹き抜けの上には、正方形の平板を斜めに、そして勾配をつけた大屋根。

こちらは先ほど紹介した園庭側大庇の2階からの眺め。

表しになる先端部は溶融亜鉛メッキ処理して耐候性に配慮。


....と建物の概要ばかり紹介してきましたが今日は建方検査の日、
検査の模様はまた後ほど

つづく

ではまた
Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと協力お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

お問い合わせ

間 建 築 研 究 所

(あいけんちくけんきゅうしょ)
 一 級 建 築 士 事 務 所


注文住宅/共同住宅/賃貸/別荘/ほかホテル/レストラン/障がい者福祉施設/児童福祉施設/老人福祉施設/高齢者福祉施設/介護老人保健施設/保育所/幼稚園/学校教育施設/病院/医院/クリニック/ショップ/店舗/オフィスなど建物造りのパートナー。

秋田県ほか岩手、青森、宮城、山形等、遠隔地もご相談に応じます。

新築、増改築やリフォーム、インテリアデザインなどの相談は随時無料で受付中です。

 所在地 アクセス案内
 秋田県秋田市千秋矢留町5-1
  メゾンドセドール1002号室
 TEL 018-874-7301
 FAX 018-874-7302


  営業時間 9:00〜18:00
  (休日:土、日、祝)


 □公式ホームページはこちら
  

閲覧中

カテゴリ別

過去記事

recent comment

recent trackback

リンク

あいけんちくけんきゅうしょ

筆者の公式サイト

サイト内検索

その他

mobile

qrcode