注文住宅坪単価30万?

マイホーム購入をお考えの皆様は、新聞広告に掲載される様々な物件情報に鋭く目を光らせていらっしゃるかと思います。

設備や仕様、間取り等々注目すべき事柄は多々ですが、今日はお金の話。

建築価格を比較する際に目安にされる”坪単価”

一坪当りの建築費用として単純に、分母を面積(坪数)として割った数字が、これら広告に共通して掲載されていると思っては大間違い。

坪単価は、延べ床面積(建築基準法上の床面積)を分母とするのが一般的ですが、近年の広告では施工面積という、うまい言葉(ずるい言葉?)を用いた、坪単価が小さく見える手法が用いられています。

では施工面積とはナンなのか?

建築基準法上の床面積にさらに、ポーチやバルコニー、テラス、吹き抜け、はたまた外壁のふかしなど、もろもろの施工部分面積を勝手に加算したもを、もっともらしい言葉で正当化したものが ”施工面積” という曖昧な言葉。

つまりは同じだけかかる建築費用の坪単価を、見かけ上低く見せる為に、分母を自在に大きくする、住宅販売広告のテクニックなのです。

前述のポーチや、バルコニー、テラス、ETC...は壁や床が無かったり、既製品で後付できるいわば施工単価が他の部分に対して極端に安くなる部分。その、安くなる部分を面積に参入して分母を大きくすれば当然、坪単価は下がります。

消費者の購買意欲をあおる 「うちは坪単価三十ウン万円です」 という例の数字はこうして算出されたもの。

適正に比較をするなら、延べ床面積を分母にした坪単価で建物の主要部分を比べた上で、他に付加的な部分にどれだけの費用がかかりましするのか検討する事が必須。

こうした広告、自身も ”施工面積” という言葉の曖昧さを認識してか、約款のごとく小さな文字で施工面積の説明(...というか言い訳)が目立たぬところに並べられます。

ではまた
Seeyouかわいい

間ブログが参加するランキング
↓  ぽちっと、お願いします ↓ 
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト






コメント
秋田の建築とガーデニングのキーワードに
誘われ何度か訪問させてもらいました。

坪単価のマジックよくわかります。

先月、大手Tホームに許可申請書で
サインと印鑑を偽装され、嫌な思いを
しているところでした。腹たちました〜(怒)

またお邪魔します。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/06/10 12:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

お問い合わせ

間建築設計事務所

(あいけんちくせっけいじむしょ)
 一級建築士事務所


注文住宅/共同住宅/賃貸/別荘/ほかホテル/レストラン/障がい者福祉施設/児童福祉施設/老人福祉施設/高齢者福祉施設/介護老人保健施設/保育所/幼稚園/学校教育施設/病院/医院/クリニック/ショップ/店舗/オフィスなど建物造りのパートナー。

秋田県ほか岩手、青森、宮城、山形等、遠隔地もご相談に応じます。

新築、増改築やリフォーム、インテリアデザインなどの相談は随時無料で受付中です。

 所在地 アクセス案内
 秋田県秋田市千秋矢留町5-1
  メゾンドセドール1002号室
 TEL 018-874-7301
 FAX 018-874-7302


  営業時間 9:00〜18:00
  (休日:土、日、祝)


 □公式ホームページはこちら
  

閲覧中

カテゴリ別

過去記事

recent comment

recent trackback

リンク

あいけんちくせっけいじむしょ

筆者の公式サイト

サイト内検索

その他

mobile

qrcode