駅ナカモクシツカ完了!

秋田駅中央口にて進行していた市街地木質化。
なかなか時間が見つけられずに、ようやく竣工写真をブログに掲載。


本プロジェクトは、木材利用の可能性や効果を検証し、地域木材に新たな需要を生みながら地域らしい景観を形成する為の研究として、秋田公立美大が行った実証実験です。研究の主宰は同大学の小杉准教授。

実証モデルの具体化は「NPO法人teamTimberize」協力のもと行われ、当研究所もチーム秋田として設計監理でサポート。

新幹線と在来線の改札周辺にて、これまで無機質だった壁面やフェンスを地場産の秋田杉で木質化。
使用した木材は予め不燃加工を施し、都市空間で求められる防火性能を確保しています。

壁面をリブウォールやルーバーとして、天窓からの光が豊かな陰影を生みだすデザインです。

ポポロードには、地場産木材を活用したジャイアントファニチャ−も設置しています。

ハイカウンター
 
フォリーベンチ

秋田の市街地で進む木質化、

駅近辺にご用の有ります方、お時間ございますれば一度ご覧ください。


マイホームほか事業用建物づくりのパートナーオフィス
間 建 築 研 究 所 の公式HPはこちら⇒ http://archilab-ai.com/

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
間ブログ:秋田市の設計事務所の日記帳!が参加中のランキング。
秋田県内外の建築家が注文住宅や店舗など建物造りの情報を発信。

JUGEMテーマ:建築/旅

 

少しづづだんだんと

秋田駅改札で進行中の市街地木質化プロジェクト。

だんだんと姿が見え始めてきました。

相互依存で成り立つ架構が印象的なジャイアントファニチャー。


杉の一枚板がダイナミックなハイカウンター家具。

既に供用を開始したポポロードの大型家具の他、改札内部も木質化が進行中。




少しづつ、だんだんと。
駅ナカ木質化ススミマス。
 

ではまた Seeyouかわいい

注文住宅や店舗ほか各種事業建物づくりのご相談承ります。
間建築研究所のHPはこちら⇒ http://archilab-ai.com/





ススム駅ナカ、木質化

工場製作を終え、駅構内に運び込まれたジャイアントファニチャー。


地場産材を用い、地域の技術で製作した温もりあるプロダクト。

都市スケールと比較すると、決して大きくはないですが、意思が込められた手造りの製品が一つ設えられただけで周囲には「場」が生み出されます。


夜が明ければ、電車待ちに、或いは語らう人々に当たり前に利用され、日常に溶け込む光景が容易に想像できますが、今はただ自らが創る場の中心に凛として鎮座します。


相互依存で架構が持ち合う、木製ファニチャーも「秋田らしさ」の大役に、静かに身を引き締めて待機中。

駅ナカ木質化ススミマス。
 

ではまた Seeyouかわいい

マイホームや店舗ほか事業建物づくりのご相談承ります。
間建築研究所のHPはこちら⇒ http://archilab-ai.com/





ツギテ・シクチ

木材同士の接合部、ここが日本の木材加工技術のすごいところ。

鉄骨や鉄筋コンクリートがこの世に現れたのは、たかだか2百年前程の話。
それ以前に、既に日本の木造建築は構造的に洗練された架構の技術を有していました。

戦後、日本を訪れたえら〜い建築家のタウト先生が、町の建物がその架構技術で当たり前に建っている様をみて驚き、これを世界に紹介しました。

そんな日本の木造建築を支える技術の粋を紹介。

 
四方蟻継ぎ             四方鎌継ぎ

四面ともに同じ形状で継がれた木材、いったいどうやって。。。?と考えさせられます。
上の二つは意外に簡単ですので理系頭の方なら、たぶんこうゆう事だろうとお解りになるかと思います。

そこで難題!

婆沙羅継手

向かい合う面が同じ形状の継手。。。混乱してきますが、これは大阪城の追手門に実在するもの。

はてどうやって。。組み方を知りたい、あるいは現物を見たいという方に朗報です。

大阪まで行かずとも、県内で見られるのです。
というか、私が見たかったので以前に設計して造っちゃいました(笑

それが、こちら
http://archilab-ai.com/worksAIU1.htm

ご興味ございますれば、ご案内もしますので、
お気軽にお声かけください。

ではまた Seeyouかわいい


注文住宅や店舗ほか各種事業建物づくりのご相談承ります。
間建築研究所のHPはこちら⇒ http://archilab-ai.com/


家具試作確認〜萩原製作所にて

現在制作プロセスに入った家具、足部分の試作を確認しに工場へ。
 

 
強度や寸法、使い勝手の最終調整はやはり1分の1の現物にて行うのが最も確実。
図面上の寸法や仕様が適切か、各段階で確認しながら製作を進めます。
 

 
座面を2点で支持するこのコーナーがもっとも大きな力が働く部分。

実際に座って揺れを確認、又、高さや奥行も自身の体を使って試します。
 

 
公共スペースにおける家具は不特定多数が利用します。
 
男性、女性、子供、お年寄りなど、様々な属性の方の利用を想像しながら平均的な寸法を確定する必要があります。
1人の為の設計、家族の為の設計、公共空間における設計と、同じ家具でも状況に応じて適切な寸法は異なるもの。又、時に、あえて適正寸法から外さないといけない場面もあるのが建築設計の難しいところ。
 
単に見た目だけを重視するのではなく、背景の条件や目的を理解し、意図的に寸法や仕様を決めていくことが本当のデザイン作業。製作者が行う製作や施工を、利用者の視線に立ち第三者として確認する私達、設計監理者の腕の見せ所です。

ではまた Seeyouかわいい

マイホームや店舗ほか各種事業建物づくりのご相談承ります。
間建築研究所のHPはこちら⇒ http://archilab-ai.com/

 
JUGEMテーマ:建築/旅


 


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

お問い合わせ

間 建 築 研 究 所

(あいけんちくけんきゅうしょ)
 一 級 建 築 士 事 務 所


注文住宅/共同住宅/賃貸/別荘/ほかホテル/レストラン/障がい者福祉施設/児童福祉施設/老人福祉施設/高齢者福祉施設/介護老人保健施設/保育所/幼稚園/学校教育施設/病院/医院/クリニック/ショップ/店舗/オフィスなど建物造りのパートナー。

秋田県ほか岩手、青森、宮城、山形等、遠隔地もご相談に応じます。

新築、増改築やリフォーム、インテリアデザインなどの相談は随時無料で受付中です。

 所在地 アクセス案内
 秋田県秋田市千秋矢留町5-1
  メゾンドセドール1002号室
 TEL 018-874-7301
 FAX 018-874-7302


  営業時間 9:00〜18:00
  (休日:土、日、祝)


 □公式ホームページはこちら
  

閲覧中

カテゴリ別

過去記事

recent comment

recent trackback

リンク

あいけんちくけんきゅうしょ

筆者の公式サイト

サイト内検索

その他

mobile

qrcode